マリカ・サイト総合案内 リスト 美男美女 猫さん 
見たものリスト    ここ !!目標、1日1本!
2/28 サントリー美術館「歌を描く絵を詠む 和歌と日本美術」芸術ジャンルに境界なし
2/24 "La petite Velouse"小さな泥棒 1988 仏 どうしてそんな生き方するわけ。
2/23 "Gigi" Vincent Minelli監督、Leslie Caron, Maurice Chevalier 1958
2/21 ブリジストン美術館。よくこれだけ集めた。本業がよほど儲かってないとできない。
2/20 大田区立龍子記念館 川端龍子の絵は巨大。建物もいい。大田区歴史郷土博物館。
2/19 「テス」 1979年  ロマン・ポランスキー監督 ナターシャ・キンスキー 
2/18 「噂の真相 Wag The Dog 」1997 Robert de Niro, Dustin Hofmannブッチーに見せて!
2/17 "Room At The Top"「年上の女」 1958 シモーヌ・シニョレ、ジャック・クレイトン監督
2/16 "The Room of the Top" 1958 ジャック・クレイトン監督 シモーヌ・シニョレ
2/14 長谷川町子美術館、岡本民家園。本格的な昔の自然が岡本に残っている。 
2/11 「光る海」」 石坂洋次郎原作。吉永小百合、浜田光男。
2/10 「風車のある街」 吉永小百合。オランダまで男に会いに行く。
2/9 「アドルフの画集」キューザック監督。 ファシズムの根源は恐れと怒りと羨望と不満。
2/8 「拝啓天皇陛下様」 渥美清 この人の戦争もの、見るべき。
2/7 「急行列車」 渥美清 背広着たサラリーマンで妻子ある役、もう寅さんってば。
2/6 「まぼろし探偵 第1巻」吉永小百合さんすごく若い。探偵のマスク笑える。
2/5 「玄海つれづれ節」吉永小百合さんが、ショートヘアですごくシャープ。
2/4 「釣りバカ日誌13危機一髪」三國連太郎、西田敏行。シリーズ全編見た。
2/3 「若い人」石坂洋次郎原作。石原裕次郎、吉永小百合。
2/2 「ああ声なき友」 今井正監督。渥美清。主張がはっきりした尊敬できる人。
1/31 「花嫁の父」 山田洋二監督。渥美清。その他の人もみんな寅さん組。
1/29 「いつでも夢を」吉永小百合、浜田光男、橋幸雄。みんなすごく若くてフレッシュ。
1/26 「北斎漫画」新藤兼人監督。北斎の人生すごすぎ。自分勝手。バクハツ。多様性。
1/25 「海は見ていた」黒澤明遺稿、熊井啓監督。身分が違う恋は実らない。
1/24 「朝を呼ぶ口笛」 吉永小百合、浜田光男 さわやか。昔っぽさが魅力。
1/23 「潮騒」 吉永小百合、浜田光男 さゆりさんはいつもいい感じ。
1/13 「菊次郎の夏」 北野武 座頭市の演技のルーツはここに。
1/12 "12 Angry Men"「12人の怒れる男たち」Peter Fonda
1/10 「失楽園」森田芳光監督。渡辺淳一原作。純ちゃんに顔そっくり。
1/9 「どん底」黒澤明監督。退屈でも白黒でも映画の神様の作品は勉強と思って。
1/7 「静かなる決闘」黒澤明監督。脚本:菊田一夫、黒澤明。今の男なら全部話す。
1/6 "Mad about Mambo" 2000 英。最後の踊りの場面、もっと長くてもいい。
1/5 「あいつと私」 石坂洋次郎原作。石原裕次郎、芦川いづみ、吉永小百合
1/4 "That's Entertainment"(パート3)前作より内容がツウ。泣きたくなる場面多い。
1/3 ”オースティン・パワーズ” マイク・マイヤース。何度見ても馬鹿らしくていい。
1/3 "That's Entertainment"(パート2)もう至福の時。胸がしめつけられるような名場面。
1/3 ”スチュアートリトル”(パート2)鳥はどうして、リトル家の子にならないの。
1/3 ”アラジン”(パート2)ディズニー。おとうさん、かっこいい、渋い、高倉健さんみたい。
1/2 "That's Entertainment" こんなに豪華な顔ぶれの映画は歴史上不可能。
1/2 An American in Paris" 天才ジーン・ケリー、 私のバイブル。最高の傑作。
1/1 "クイルズ” 当時の精神病院がすごい。サド侯爵は天才的反体制芸術家。
平成
16年
11/23 "Urine City" こんなの見て損した。ここまでニューヨーク
11/22 "Nine"こんな男いたら問題。
11/22 "Never Gotta Dance" 最高。こういうの見てれば、現実に目を向けなくなる。
11/21 "ストンプ” グリニッジヴィレッジ すごいリズム感。日本でも日本人ならできる。
11/21 メトロポリタン美術館.
11/20 "Aida" ディズニー版 音楽はヴェルディではないが、色彩が素晴らしい。
11/20 ユダヤ博物館 こんなにこわいところ、そうはないだろう。びびる雰囲気。
11/18 "Gypsy" Broadway  ストリッパー、ジプシー・ローズのお話し。
11/19 "Radio City Music Hall"これはすごい。豪華絢爛。
11/18 "Chicago"Broadway in N.Y. 11/23までニューヨーク
10/13 "Dance with Stranger"
10/12 "Touchez pas au Grisbi" ジャン・ギャバン この手の見ないのに間違えて借りた。
10/11 "The Prince and the Showgirl" マリリン・モンロー
10/10 "The Time Machine" 地球ってあんなふうになってしまっているなんて。
10/9 ”Leclipse"「太陽が知っている」アントニオーニ監督、アラン・ドロン 顔のいい男の人が
出てくるだけで、映画はあらすじ関係なく楽しいです。
10/8 "Monkey Business" Marilyn Monroe Haward Hawk監督
10/7 "La Placard" Daniel オートゥイエ まあ、こういうのもあるのですね。
10/6 "Zoolander" ちょっと勘弁、こういうの。でも最後良かった。
10/5 "Austine Powers" Mike Myers なんなの、この人、顔が悪いのも、武器。
10/4 "Sign" Mel Gibson 緑の宇宙人、気持ち悪すぎ。
10/3 "She Devil" Meryl Streep Roseanne Barr もう最高。男に見せたい。
10/2 "Shriek" 変な内容。ぶっ飛びすぎ。
10/1 "So I married an Axe Murdrerer" Austine Powers 笑える。
10/1 "Joe Versus the volcano" Tom Hanks, Meg ライアン
平成
15年
見たものリスト    ここ  5    太字は好きな作品。   管理人