マリカ・サイト 総合案内 マリカ日記           マリカへご意見
天文学的確率
本来起こるはずのないことであり、起こったこと自体が、奇跡に近いような場合が、
天文学的確率である。
通常のことがらは、すべて、起こるべきして起こっているだけなので、起こって
当然のことなので、なにも珍しいことはない。
しかし、まず起こるはずがないのに、なにかが起こったりするということは、つまり、
それは、宇宙の意思により起こされている。
普通の人にも、宇宙の意思により起こされた天文学的確率の現象がたくさんある
のかもしれないが、凡人には、それが見えない。
凡人は、宇宙の意思であるとか、なにかのサインであるということが、見えない、または、
感じられないので、見逃してしまっているだけなのだ。
まさに猫に小判、豚に真珠。
奇跡は誰にでも、起きているのだろう。
凡人にも非凡な星にも、奇跡は同様に起きている。
違いは、それを奇跡と捉える認識能力があるかどうかだけ。
歴史がつくられた時、それは、常に天文学的確率の奇跡が起きた時。
宇宙の発する警告や、意思に謙虚に耳を傾け、従った時、ことはなされる。

平成16年10月13日