親バカの人間のおかあさんが撮ったお写真、公開。
2004/8/17

表紙 お花 ベランダ にゃんぐさん6歳
にゃんぐさん、抱っこが大好き にゃんぐさん6歳 にゃんぐ殿下、世界の人の腕の中で


昨日はテレビのロケでしたので、朝から晩までにゃんぐさんと、白猫さんをふたりだけにして、でかけました。
さあ、どんなことになってしまっているのでしょうかと心配で、終わると、お茶もしないで、すぐに帰りました。

どんより、輪郭のあまい白猫さんと違って、にゃんぐ殿下のりりしいこと。
くっきり、はっきり、コーカソイドの骨格と、毅然とした態度は、やはり、貴族猫です。
2日目の夜から、洗濯機の上で寝るのはやめて、人間のおかあさんの横にもどって来ました。

ぼくは人間のおかあさんが、6年間大事に一人息子として育てられたという自負がありますから、寝る場所は、絶対に譲りたくありません。

でも、夜中にふと、おかあさんの反対側を見ると、白猫がおかあさんの腕の中で(勝手におかあさんの腕に入ってくる)すやすや寝ているのを見ると、心が痛み、ふと、おかあさんから離れ、じっとおかあさんの寝顔を見つめるにゃんぐさんです。

白猫さんのすることは、馬鹿らしく、散漫で、小細工が多く、意味のない行動が多いため、賛同できませんが、なにをしているのか、一応チェックする態度も忘れません。


にゃんぐ殿下、子猫と運命の共存か ネコさんのお写真かわいすぎ
BackIndexNext



Office Marika
162-0066 東京都新宿区市谷台町14-6 信川ビル207
 

info@japandanceart.comメールはこちらまで。