マリカ・スタイル
マリカがレッスンの際に、細かいところをお直しいたします。
どこをどうなおすと、自分の踊りがより上手に見せられるか。
鏡張りのサロン風スタジオ(通称:マリカ・サロン)だからこそリラックスして最高の自分を出せます。
お風呂場で歌を歌うと上手に聞こえるのと似ていますよね。
表現というのは、自分の内面の緊張が完全にほぐれて、自己が開放された時に一番いいものが出ます。
ここで踊ると自分が上手に見えるのはそのためです。
私は上手、私はきれいと、自己暗示にかけた時に、自分が向上して、自分がかけた暗示のとおりになっているのです。
人間って不思議ですね。
 
2004/3/7

表紙 個別特訓 技術編1 技術編2 キッズ 外国人
個別特訓
ジャパン・ダンス・アート
ダンスの開業医といったところでしょうか。
いろいろな癖がなおり、確実に実力が身につきます。
 

細かいところを直すだけで、踊りの表現がどんどんよくなっていきます。
しっかり見据えていて、いいですよ。
お肉を取れば、かなりかっこよく見えます。
体の線がはっきり見えるウェアを着て練習することで、自分のボディ・ラインをしっかり認識できてよいと思います。

お腹をひきしめながら行うともっと、とぎすまされた感じになるでしょう。

これはこれで、ポーズとしてよいのですが、足先をターン・インで使用するポーズは、足が本当に完璧に180度開けるようになってからの方がよいと思います。開ける人がターン・インの足先のポーズをするのと、開けない人がポーズして、足がたまたま内またになってしまうのとでは、大きな違いがあります。


| 前の写真を見る | 全部の写真を見る | 次の写真を見る |

lesson こんなお稽古をいたします 総合案内information
こんなものに出演いたしました。 正しいテクニックを身につけたプロのバレリーナ ダンスのテクニック


ジャパン・ダンス・アート
マリカ

info@japandanceart.comメールはこちらまで。