マリカ・スタイル
マリカがレッスンの際に、細かいところをお直しいたします。
どこをどうなおすと、自分の踊りがより上手に見せられるか。
鏡張りのサロン風スタジオ(通称:マリカ・サロン)だからこそリラックスして最高の自分を出せます。
お風呂場で歌を歌うと上手に聞こえるのと似ていますよね。
表現というのは、自分の内面の緊張が完全にほぐれて、自己が開放された時に一番いいものが出ます。
ここで踊ると自分が上手に見えるのはそのためです。
私は上手、私はきれいと、自己暗示にかけた時に、自分が向上して、自分がかけた暗示のとおりになっているのです。
人間って不思議ですね。
 
2004/3/7

表紙 個別特訓 技術編1 技術編2 キッズ 外国人
個別特訓
ジャパン・ダンス・アート
ダンスの開業医といったところでしょうか。
いろいろな癖がなおり、確実に実力が身につきます。
 

細かいところを直すだけで、踊りの表現がどんどんよくなっていきます。
ひじの位置を思い切り肩を落とすことで、遠くへ引っ張りながら下げるようにするとよいでしょう。
今のままですと、肩が上がって見え、首が短くなります。
大人になってからはじめました。
3人のお子さんが大きくなって時間ができたので、習い始めて1年近く経ちます。

この写真の方が数段いいのは、肩を思い切り下げたことにより、首がすっきりと長く見えているからです。
意識して、首の筋が見えるようにしたことがよかったのだと思います。
この場合も、ひじは、お休みで落とすのではなくて、下へストレッチする気持ちで引っ張っています。

人指し指の使い方がよくなってきました。
このポーズは、そこにいるだけの感じなのですが、

同じかたちでも、もっと気持ちを入れて引き上げると、はるかにいいものになってきます。

ジャズ・アームの角度がとてもいいです。
一指し指のみならず、親指の使い方も、はるかによくなっています。


| 前の写真を見る | 全部の写真を見る | 次の写真を見る |

lesson こんなお稽古をいたします 総合案内information
こんなものに出演いたしました。 正しいテクニックを身につけたプロのバレリーナ ダンスのテクニック


ジャパン・ダンス・アート
マリカ

info@japandanceart.comメールはこちらまで。