2003.6/22新規
日本キリスト教詩人会
10周年記念会

第3代目会長:マダム川田先生

平成15年6月21日
私学会館アルカディア

女王マダム川田は、詩を書き、ピアノを弾き、
絵を描いて、サロン風の素晴らしいおしゃべりを
なさいます。
おうちの中も、宮殿のようで、現在は、人間2名、お猫様3名(恐れ多くて「匹」とは言えない)だそうですが、実に素敵です。

さて、私学会館は、私の実家、四ツ谷の本塩町の近くです。
生前、祖父母が、遠出をしない旅行代わりに(歩いて行かれるから近すぎ)何度も宿泊していたのを覚えています。
女王マダム川田から今回のお誘いをいただいた時、私はただちに、ロング・スカートで原付バイクでまいりますとお返事を書きました。
そうしたら、
「ロング・スカートでもスクーターというのは、危なくないのですか?イサドラ・ダンカンの例もあることですし、スカートを巻き込まれないようにして下さい」と素敵なメッセージを下さいました。
イサドラ・ダンカンは、自分の人生には2つの動機しかない、それは恋と芸術だと言いましたが、イサドラ・ダンカンをいろいろな意味で尊敬する私は、女王マダム川田がダンカンを引き合いに出され、よけいに女王マダム川田のファンになりました。
女王を囲む会の方々ともお会いでき嬉しかったです。
さて、左から二人目のグレードレスは、おや、三田佳子さんかなと思うのですが、お写真をクリックして下さい。
総合案内