おかっぱ

表紙 バグダッド商店街 ヨルダン バビロン シアトル イラク民族舞踊団
サダム切手 病院
other Japanese dance show

おかっぱ

ここにシアトルの写真があるのは、どうしてもおかしい。
ここは、アラブでいきたかったのです。
そのうち、欧米編のサイトをつくりますので、その時まで、ここに置いておきます。
アラブを見てしまうと、欧米なんかおもしろくなくなるわけです。
古代ローマが古いといっても、メソポタミアにはかないませんから、イタリアの写真なんか、いちいちスキャンしてアップロードしてなんて、やってられなくなるのです。
リヒテンシュタインとかオーストリアとかも、すごく好きですけれど、なんか、こう、きれいすぎて、まとまりすぎて、ちゃんとしてて、わざわざホームページに載せるというかんじではないわけです。
私は古いものが好きです。
すごく好きと言ってもいいです。
だから、ヨーロッパ人が来てからのカナダやアメリカはおもしろくない。
カナダ人の彼氏と10年間つきあわなかったら、行かなかったかもしれないもの。
唯一、ケベックだけ好きですけれど。
やっぱりこう、民族のパワーがある先住民の居留地の美術館なんかはいいですね。
木彫りとか飾ってあって。
はっきり言って、あの大陸はヨーロッパ人いらなかったのだと思うわけです。
コロンブスの船が沈んでいれば、歴史は変わったかもしれません。
こんなに髪の毛短かった
こんなに髪の毛短かった
シアトルで。
今は髪の毛腰まであるけれど、当時は耳の下だった。
なんか人生に疲れてもうやってられないっていう感じ。
私はいつも弱い者の味方だから、北米大陸の先住民が片隅に追いやられて白人が摩天楼なんか建ててる大都市見ると、つい逆上したくなる。
友人とシアトルで待ち合わせをして、車で先住民族居住地など、いろんなところに立ち寄って、何日か後にバンクーバーへ行った。
当時の友人はみなユダヤ系だった。
ニューヨークの友人もみんなユダヤ人で、イスラエル人が多く来る週末のユダヤ・パーティーなんかもよく行った。
ユダヤ系出版社の副社長の女の人が、とても親切で、ごはんにお呼ばれしたりもした。
アラブに浸る前だったからあまり気にしないどころか、タルムードなんかも読んでたくらいで、今考えるとすごくおもしろい。
何人なんてこと、関係ないのだと思う。
その人が素敵だったら、何人でも素敵。
prev. index next

Last updated: 2003/7/10

info@japandanceart.com