Kamal Mohammed Taha and his family in Baghdad.
2003/6/2
アラブ  チュニジア カマール 踊る理由 猫の独り言
テクニック トランプ 映画3 マレーシア ヨルダン2
慰問上演 スリランカ民族舞踊 歴史
スナップ
Kamal, mother and Kamal's sister

アラブが好き、すごく好き
必ず会える日が来ると思う。Taha family

| 前の写真 | 写真全部 | 次の写真 |

カマールさん
カマールさん
クルド人のカマールさんのおうちでお昼ごはんをいただき本当に幸せでした。
みんなを先にイラクから出国させてしまったので、好きなことしていました。
おかあさんと妹さん。
カマールさん宅
カマールさん宅
とっても楽しかったバグダッドの日々。
レストラン
レストラン
チグリス川沿いにあるお魚料理半薫製マスグーフのお店へ行きました。かまどで、パンを焼かしてくれて、いい経験をさせてもらいました。綿が自然生息していて、綿の実を持ち帰りました。帰国して数週間後、その綿の実から、かわいい、かわいい綿の赤ちゃんが生まれて、ふわふわで白くてとても幸せそうな、イラクの綿の赤ちゃんだったのです。本当はそういうことって、植物検疫ひっかかるのかもしれないけれど、少量だから見つかりませんでした。右がカマールさん、うしろは「奥さんを亡くしたばかりの」XXさん、左も「奥さんと離婚したばかりの」XXさん。イラクの男の人ってどうしてそんなに独身のふりしたがるの、かわゆいですよね。
毎日いろんなメンバーでごはんにいきましたが、必ずいるのがカマールさん。あとの二人は情報省の人たち。青いシャツの人も、「奥さんが病気で亡くなった」そうです。それって笑える。
この日は旅のハイライトでした。
右の彼はハルドゥーンの隣の人で、アッシーくんをしてくれて本当に助かりました。
カマールさんも運転免許を取りましたから、次回はカマールさんの運転で行きたい。
 
マリカの個人サイト 個人サイトのリスト we love Iraq Surrounded by Zoloasters in Hatra.


Japan Dance Art
 
207 Nobukawa Build.,
14-6 Ichigaya-daimachi,
Shinjuku-ku, Tokyo
Japan 162-0066

info@japandanceart.comレッスンのお問い合わせはこちらまで。